美白化粧品でシミを消す…のは不可能でした

シミやそばかす、老人性色素斑、肝斑…

30代以降の女性の肌悩みNo.1がシミなどのくすみです。

このシミを消す方法として一番試されるのが「美白化粧品」ですよね。

でもぶっちゃけると美白化粧品でシミを消すことはできません。実際でいろいろ実験してみましたがダメでした。

しかし、美白化粧品でシミが「できなくなった」という人はいます。

そして、そんな人は、そのうちシミが薄くなっていきます。この違い、分かりますか?

だから美白化粧品は効かないんです

本当のところ美白化粧品って効くの?効かないの?

美白化粧品と名乗るコスメは医薬部外品指定を受けています。厚労省、つまり国が一定の効果を認めている証拠です。

だったら美白化粧品でシミを消すことは可能?と思うでしょう。

しかしこれが勘違い。美白化粧品でシミを消すことはできないのです。

美白化粧品の効き目は、「シミを予防する」ことだけで、決して「シミを消す」作用ではないのです。

だから多くの女性が思っている美白化粧品の効果はありません。でも、予防効果というのはあるのです。

シミ取りをレーザー治療に頼ると実は危ない

シミの予防効果だけじゃ意味がないのでは?

今あるシミを文字通り「消す」には美容外科のレーザー治療しかありません。これをやればほぼ確実に消えます。

しかし、シミができるということは、もうこれから先シミが何個もできることが確定しているのです。その度にレーザー治療を受けるのか?ということになります。最初は一箇所でいいですが、そのうち顔全体になると予算は何倍、10倍になります。

そこで美白化粧品が必要になります。

美白化粧品の効果はメラニンの生成を抑えてシミを予防することです。

歳を重ねれば誰でもシミができます。このシミのできやすさを抑える、その結果、シミの個数を少なくできるのが美白化粧品。

レーザー治療も細胞にダメージを与えるのでなるべくやらないほうがベター。美白化粧品を使い続けることで、シミを少なく、かつ綺麗な肌を維持することができるわけです。

美白化粧品は30代過ぎたら必須

でも今のシミが消えないなら美白化粧品にお金をかけるのは…

シミを消したいだけなら美容外科に行けばO.K.です。シミの種類によっていまいち消えないことはありますが、範囲が狭いなら美容外科に行くべきです。

しかし、40代、50代の女性でシミがほとんどない人がいますよね?

こんな人達って定期的にレーザー治療を受けていると思いますか?違いますよね。こんな歳不相応のシミレス肌の持ち主は、レーザー治療のお世話になっていない人のほうが多いです。

では美白化粧品を使っているのかというと、これは半々くらい。そういう人もいるし、全く使っていない人もいます。

ただ、これは個人差。あともうちょっとシミが少なければ美肌なんだけどな…という人が、美白化粧品を使っていたらシミがない肌になっていた可能性がかなりあります。

年齢を重ねるとどうしてもシミ悪化因子が活発になりシミができやすくなります。それを押さえ込むのが美白化粧品。

美白化粧品はシミができてから使うのではなく、できる前に使うことで満足できる効果が得られるんですよ。

美白化粧品なしでもO.K.だけど99%無理

美白化粧品なしでもシミがない人は肌質?遺伝?

先ほど、40代、50代女性のシミがない人は美白化粧品を使っているとは限らないと書きました。

しかし、使ったほうがよりシミレス肌になる確率は高くなります。美白化粧品なしでもシミがない人は、かなりUVカット対策が完璧な人です。

ぶっちゃけ、ほとんど外に出ないような人です。ベランダや庭に出る瞬間だけでなく、光が差し込む部屋の中でも日が当たらないように白い長袖、帽子をかぶっているくらい極端な人です。

あなたがそんな生活できますか?というと無理でしょう。

それをなしでもシミレス肌に導くのが美白化粧品。

シミができやすいのに遺伝は多少は関係あるでしょう。しかし、99%は紫外線に当たるかどうかです。

そしてそのための努力がゆるくても許してくれるのが美白化粧品。使わない手はないんです。

シミは2種類ある。消しやすいのはどっち?

シミを消すにはレーザー治療以外ないの?

「今すぐ」ならレーザーしかありません。美白化粧品を使い続けても、あくまで予防であり、今底にあるシミを消すことはできません。

しかし、シミというのは次第に薄くなります。肌のターンオーバーで角質と一緒に排出されるからです。

シミには二種類のタイプがあります。

  • 今も無駄にメラニンが作られている
  • メラニンが沈着して居ついている

前者は美白化粧品を使うとシミが消える可能性があります。

美白化粧品が直接シミを消しているのではなく、余計なメラニン生成が弱まり、ターンオーバーによる排出量が勝るからです。

逆に後者は美白化粧品で消えません。既に出来上がっているメラニンが溜まっているだけだからです。

色素沈着のシミも自然に消える場合がある

色素沈着系のシミはレーザー治療しか方法はない?

今すぐならレーザーです。しかし、この手の沈着タイプのメラニンは、その部分のターンオーバーが復活すれば排出されていきます。

ある皮膚科医の女性がTVで昔の写真を公開していました。今はすごい美肌なのに5年前はシミ、肝斑だらけ…

てっきり自分のところの治療や化粧品の宣伝だと思っていたのですが、実はそうじゃありませんでした。

UVカットをしっかりやることと、ターンオーバーを高めるということでした。

つまり、メラニンが過剰に作られないようにする(UVカット、美白化粧品)のと、余分なメラニンを排出するターンオーバーをしっかり維持すること。この2つがあれば、シミだらけだった顔も色白になるということなんです。

しかも、この方法にレーザー治療にないメリットがあります。

レーザー治療はピンポイントでしか強力なシミ取り効果は発揮できません。そのため、シミになりかけのような薄い茶色はそのままです。つまり肌色が不均一で、全体的な透明感が得られません。

しかしターンオーバーを高めることで、シミだけでなく顔全体の余分なメラニンが排出されるため、顔全体が均一で白く輝きます。

シミらだけだった女性もレーザー治療なしで、むしろレーザー治療に頼っている人より年齢不相応な美肌になれるとうメリットがあるのです。そのために美白化粧品はかなり効果的なんです。

レーザーなしでシミが消えた人のターンオーバー力向上方法

顔全体のシミが消えるターンオーバーの高め方は?

ターンオーバーは年齢によって遅くなります。つまり、作りすぎたメラニンが溜まりやすく、シミになりやすくなります。

10代は20日。20代で30日。30代で40日。40代で45日。50代で50日とされています。

10代のときに日焼けしまくってもシミにならないですよね。あれって、作りすぎたメラニンが20日間というハイペースで排出されるから、シミになるまでの蓄積が間に合わないからです。

そして30代でシミが急に出てくるのは、20代の感覚がまだ抜けていないため、20代のケアだとメラニン排出が間に合わずシミになるからです。

レーザー治療なしでシミがない人は、この平均ターンオーバー日数より早い、さらに顔全体の肌がちゃんと入れ替わっているからです。

そのための条件。

  • 保湿(肌水分量)
  • 炎症がない
  • 表皮細胞の活性化
  • 十分な睡眠
  • 少ないストレス
  • 十分な皮膚温度

以上がメインとなるターンオーバー活性化条件です。

レーザー治療なしでシミを消すためのスキンケア方法

シミが消えてなくなるスキンケア方法は?

年中通してやるべきなのが、

  • 肌水分量の維持(保湿化粧品)
  • メラニン生成抑制(美白化粧品)
  • 角質肥厚の除去(洗顔・クレンジング)

この3点です。

これに加えて、当然UVカット。これは基本ですよね。

UVカットは秋冬も怠ってはダメ

UVカットに関しては、ちょっとした外出や季節関係なく日よけを徹底することです。

よく5月から夏場にかけて紫外線が多いから…と言いますが、秋冬になって長袖になると顔のUVカットだけおざなりな人が増えますね。これがシミの原因なので要注意。UVカットは年中同じレベルで。

なんちゃって保湿ではシミは薄くならない

肌水分量の維持はコツがあります。

いわゆる保湿化粧品をしっかり使っているだけではダメです。一般的な保湿化粧品は肌表面を潤すだけで、肌水分量の上昇にはほとんど影響を与えません。

ポイントはセラミド、NMFの増量と維持。これができる保湿化粧品がターンオーバーに欠かせません。

ちなみに、肌水分量が高いとシミが追い出されやすくなるだけでなく、バリア機能が高まり刺激に強くなります。刺激はシミを増やす因子を活性化させます。乾燥肌はシミができやすいし消えにくいということなんです。

大半の美白化粧品は使ってもほとんど意味なし

美白化粧品もピンきりがあります。

最も強力なのがハイドロキノン。これをマイルドにしたのがアルブチン。定番なのがビタミンCです。

どれにしても肌にしっかりと浸透しないと意味がありません。ナノ化技術、リポソーム化などの浸透技術が必須。となると、使うべき美白化粧品はかなり限られます。

また、1つのメラニン抑制機能だけでなく、複数のアプローチを取るものも出てきています。歳を取るとメラニン生成を活性化させる因子が活発になります。1つのアプローチでは抑えきれないことも目立ちます。ハイドロキノンの刺激性が不安なら、マイルドな成分の複数機能がシミ予防に活躍します。

実は一番難しいのは洗顔・クレンジング

洗顔とクレンジングは適度にが基本。

やりすぎるとセラミド、NMFを失い肌水分量が減少し、シミができやすくかつ追い出しにくくなります。

しかし、30代、40代、50代と年齢を重ねるとターンオーバーが遅くなり古い角質が堆積します。

シミがある部分は角質が重なりすぎているため、下から押し上げることができずシミが停滞します。

なるべくセラミド、NMFに悪影響を与えず、かつ古い角質を適切に除去できる洗顔料・クレンジング剤が望まれます。

顔全体に透明感。それならこんな化粧品

どのようなスキンケア化粧品をどれくらい使えばいいの?

一番重要なのは、肌水分量を高めて維持すること。これだけでシミ抑制、シミを消す両方が大きく高まります。

それをさらに確実なものにするのが美白化粧品です。美白化粧品は美容液などで単品使い。化粧水やクリームは肌水分量重視がベストバランス。

短時間でスッキリする普通のものがベスト

洗顔料・クレンジング剤は、なるべく短時間で終わるもの。そして水ですすいだ後にヌメッとした感触を残さないものです。

弱酸性の洗顔料は実はあまりよくありません。界面活性剤の悪影響を肌に残しやすく、逆に乾燥を招きます。弱アルカリ性で洗い、そのあとに保湿すれば何の問題もありません。

W洗顔不要のクレンジングでも全く問題ありません。

セラミドを増やすタイプがベスト

保湿化粧品は、ナノ化セラミド配合、ライスパワーエキスNo.11(医薬部外品)、またはリポソーム化された保湿成分のどれか。

肌で水分を安定的に維持できるのはセラミドがNo.1です。どれもセラミドを増やすことができるものです。

肌表面の保湿具合は他より劣りますが問題ありません。むしろこれが正しい保湿です。

ピンポイントならハイドロキノン。それ以外とで使い分け

美白化粧品は肌質や使う部位に合わせて選ぶべきですね。

ピンポイントのシミならハイドロキノン。顔全体のシミ予防ならアルブチンやビタミンC(ただし浸透性が高いものに限る)、または複数のメラニン抑制機能が複合した成分です(これはFUJIFILMが得意)。

目立つシミ、くすみのケアをしたい場合

スポットのシミ、くすみならハイドロキノンが最適です。やや刺激性があるため、美容皮膚科でないと通常は手に入りません。普通の化粧品メーカーだとユーザーからの刺激があったというクレームが怖いからです。

以下ブランドは唯一のリポソーム化ハイドロキノンブランド。もっとも浸透性、効率性が高く、最も刺激性が抑えられています。試すならどちらかしかありません。

※ハイドロキノンは夜だけの使用にしましょう。酸化変性しやすいため、紫外線はご法度です。必ずターンオーバー促進のための保湿化粧品も併せて使用すること。

ビーグレン Qusomeホワイト

ハイドロキノンNo.1の安全性確保

リポソームという浸透技術で世界的レベルのブランド。刺激が不安なハイドロキノンをマイルドに仕上げ安全性を高めています。シミに適した洗顔、化粧水、ビタミンC美容液、ハイドロキノン美容液、保湿クリームの全てが揃います。全てリポソーム化されて、一般女性が続けられる価格帯のホワイトニングコスメはこれだけです。

7日間トライアル1,800円(税別)送料無料。トライアル使用後、本製品を購入してもそれもまた365日返品保証だから安心です。

アンプルール ラグジュアリーホワイト

使いやすいスポットハイドロキノン

ハイドロキノン配合の美容液のみリポソーム化したブランド。点付けしやすいスポット美容液タイプ。他の保湿化粧品と組み合わせるならこちらが使いやすいですね。日中用のアルブチン美容液もあり、こちらは刺激を気にせず日中もシミケアが可能です。

7日間トライアルで1,480円。保湿ゲルはセラミド配合なのでライン使いもO.K.

シミを早く追い出したい場合

シミはレーザー治療以外ではパッと消えません。しかし、ターンオーバーにより肌細胞の入れ替わりが早まれば、それに釣られて沈着したシミも排出されやすくなります。

そのために必須なのは肌のセラミド量アップ。そして表皮細胞の活性化。

以下コスメは、セラミドの補給や増加促進。セラミド生産の条件を整えてくれる機能的な保水性化粧品です。これらと美白美容液の組み合わせがベスト。

ライスパワー アトピスマイル

セラミドを増やしターンオーバー活性化

日本が生んだスーパー保湿成分「ライスパワーエキスNo.11」のクリーム。成分開発メーカー直販でオトクな価格です。非常にあっさりしたテクスチャーで年中快適。これと美白美容液を組み合わせる2点ケアだけでシミ対策が完璧です。赤ちゃん、アトピー肌の人も使うほど安全性も飛び抜けているので肌質を問わないのもポイント。

2,500円送料無料。伸びが非常にいいので顔全体で1ヶ月以上使えます。

ディセンシア アヤナス

セラミドアップ環境も緩みも同時ケア

敏感肌専門ブランドながら最高レベルのエイジングケアが可能。ナノ化セラミドと特許技術のバリア機能が特徴。ターンオーバーの環境を整えつつ、シミ原因となる外部刺激をブロック。炎症、冷え、ストレスの三大セラミド阻害要因をケア。コラーゲン生成サポートにより、表皮の底から押し上げる力を助けてくれます。

10日間トライアル送料無料。特に肌の乾燥がひどい人に好評です。

肌がゴワゴワ、シミ部分がカサカサ、分厚い場合

カサついて硬い印象があるなら角質肥厚。特にシミ部分に角質肥厚があると何をどうやってもシミは出ていきません。

かといってピーリングをやるとバリア機能が壊れ、刺激に弱くなりシミが増加しやすくなります。またターンオーバーが遅れ、シミが追い出されるのが遅くなります。

不要な部分だけ適切に角質を除去。そして短時間で洗い上げてセラミドを減らさない。そんな洗顔料、クレンジングです。

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

セラミドを守り、くすみ・毛穴もケア

99%美容成分で洗うW洗顔不要のクレンジングゲル。こんにゃくスクラブがシミが溜まる角質肥厚部分だけを優しくオフ。毛穴詰まりも同時に解決しますが、美容成分洗浄なのでセラミドに影響が少ないのがポイント。メイク落ちもオイルクレンジング並なので時短オフ。特に30代以降のターンオーバー遅れの肌には最適です。

約1,800円で2ヶ月使えます。初回はもう1本なので実質1,000円以下。最も肌に優しく透明感を生み出す洗顔料です。

アテニア スキンクリアクレンズオイル

顔全体が黄色っぽい人に

4種類の高級オイルをウォータリーベース仕様にしたW洗顔不要のクレンジング。オイル特有のメイク落ちの良さだけでなく、ホコリや汗などの水溶性の汚れもバッチリ落とします。さらに、シミと違い顔全体を暗い黄色にするステインを切り離し排出するのを促進。これは頑固なシミが追い出されやすくなるのも助けることになります。

約1,800円で2ヶ月使えます。もちろん送料無料。詰め替えパックもあり非常に経済的。